NGC 779(銀河・くじら座)

NGC 779(銀河)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s (新改造), ISO12800, 30s x 30=15m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2021/11/07, 21h 59m, +7.0℃, 東御市 / 観測所, 視野角: 52 ′ x 35 ′ ↑ N

NGC 779(銀河)明るさ:11.95 mag, 大きさ:4.0′ x 1.2′, 分類:SAB(r)b , z 0.004640, 推定距離:約5千万光年, 18.312Mpc(非赤方偏移)(NED),  RA 01h59m42.280s,  DEC -05d57m47.50s (J2000.0),  視野角: 8′ x 5′ ↑ N

NGC 779は、約5千万光年の距離にある渦状銀河です。NEDでは、SABの中間渦巻銀河に分類されていますが棒構造は見えません。腕や円盤には、大きな星形成領域は見えず活発な銀河ではなさそうです。UGCA 024と小グループNGC 779グループを形成し、大きなグループではNGC 681などと同じグループを形成するとする分類もあるようですが、この領域のグループ分類はあてにならず、真偽のほどはわかりません。(Simbadでは所属するグループの構成銀河はNGC 779のみとしています。)

PGC 7385(銀河)と周囲の銀河群。 視野角: 23′ x 15′ ↑ N

広域画像の北西端〜視野外の位置にPGC 7385(距離約2億1千万光年)があり、その南には複数の遠方の銀河群が存在します。赤方偏移のわかっている銀河の距離は、PGC 1040337(距離約7億7千5百万年)PGC 97471(距離約16億7千万光年)ですから、2億光年〜17億光年の距離にある銀河群が重なってこの領域に見えているようです。

くじら座 胴体  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(60mm f4.5), Pentax K5IIS(ノーマル), フィルター無し, ISO3200, 120s x 16=32分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2021/11/07, +7.0℃, 東御市・観測所 ↑N

1件のコメント

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中