NGC 1832(銀河・うさぎ座)

NGC 1832(銀河・うさぎ座)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s (新改造), ISO12800, 30s x 23=12m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/10/20, 02h 06m, +4.0℃, 東御市 / 観測所, 視野角: 52 ′ x 35 ′ ↑ N

NGC 1832(銀河)明るさ:10.6B mag, 大きさ:2.6′ x 1.7′, 分類:SB(r)bc , z 0.006468, 推定距離:約8,700万光年(NED), LGG 129, RA 05h12m03.33s DEC -15d41m16.1s (J2000.0), 視野角:  8′ x 5′ ↑ N

NGC 1832は青白い腕を持つ中間渦巻銀河です。活性の高い銀河のようで、銀河の南側の腕はやや乱れていて大型の星団雲らしきものが散見されます。過去に SN 2004gq, SN 2009kr の2つの超新星がその腕の中に発見されています。LGG 129銀河グループに所属するとされ、数個の小さな銀河とともにグループを形成していることになっています。

HIPASS J0513-15(LEDA 4614963・銀河 )明るさ:– mag, 大きさ:–′, 分類:– , z 0.006631, 推定距離:約8,900万光年(NED), RA 05h13m00s DEC -15d52.1m (J2000.0), 視野角:  8′ x 5′ ↑ N

LEDA 4614963 広域画像の左下隅に見えているエッジオン?の銀河です。HI sourceとしても認識されていてHIPASS J0513-15の名称もあります。紐のような形をしておりバルジや核らしきものも見えず、不規則銀河のようにも見えます。おおぐま座のIC 2574に形状は似ていて渦状銀河を横から見ている姿ではなさそうです。

エリダヌス座〜うさぎ座  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(80mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/11/02, +3℃, 東御市・観測所 ↑N

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中