Sh 2-101(散光星雲・はくちょう座)

Sh 2-101 (散光星雲・はくちょう座)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s (新改造), ISO12800, 30s x 45=24m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/08/16, 22h 15m, +21.0℃, 東御市 / 観測所, 視野角: 77 ′ x 51 ′ ↑ N

Sh 2-101(散光星雲・はくちょう座) とその周辺
TS FSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70 (改造), HEUIB-II, ISO3200, 90s x 10= 15m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/08/16, 22h 15m, +21.0℃, 東御市 / 観測所, 視野角: 4.2° x 2.8°(広角カメラ), ↑N

Sh 2-101 (散光星雲・はくちょう座), 明るさ:–mag, 大きさ: 20′, 分類: HII, RA 19h 59m 56.8s DEC +35d 17m 27s (J2000.0)

シャープレスカタログのSh 2-101は、チューリップ星雲の愛称がある明るいHII領域の星雲です。地球からの距離は約2600pc (8500光年)で、はくちょう座OB3群の端にあります。この星雲を電離している恒星の候補は複数あるようですが、その中のHD 226868は、超巨星の連星系で強烈な電波源はくちょう座X-1として知られている星です。

はくちょう座X-1は、主星はO型青色超巨星であり、伴星はおそらくブラックホールで主星のガスを吸い込み降着円盤を形成し強力なX線を放射しています。主星はブラックホールによって変形しているために、その見かけの明るさが変化するのでV1357 Cygという変光星としても分類されています。このX-1がSh 2-101の電離星ならば面白いのですが、最近の研究ではその距離は約6070光年とされ、Sh 2-101の星形成領域よりもかなり手前にあるようです。

 

はくちょう座  ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(60mm f4.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/06/17, +14.0℃, 東御市・観測所 ↑N

.

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中