NGC 6357(Sh 2-11・散光星雲・さそり座)

Sh 2-11 (NGC 6357Diffuse NebulaScorpius), Mag–mag, Size: 120′, Class: HII, RA 17h26m30.0s DEC -34d12m00s (J2000.0)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s (modification), ISO12800, 30s x 45=23m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/04/25, 02h 09m, +0.0℃, Tomi City / Observatory, Viewing angle: 77 ′ x 51 ′ ↑ N

Sh 2-11 (NGC 6357Diffuse NebulaScorpius) and its surroundings.
TS FSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70 (modification)
HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16= 24m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/04/25, 02h 09m, +0.0, Tomi City / Observatory, Viewing angle: 4.2° x 2.8° ↑NWide field camera

Sh 2-11(NGC 6357)は、日本では彼岸花星雲の愛称を持つ明るいHII領域で、非常に若く大質量の散開星団を内包する星形成領域です。これらの散開星団は周囲の巨大分子雲と強い相互作用を起こし大質量星が生まれています。Sh 2-11(NGC 6357)までの距離は1.7kpcと推定されており、これは見かけ上近くにあるSh 2-8(NGC 6334)と実際にも近い距離にあることを示しています。

下図はMASSI F.(2015 A&A)らによるNGC 6357の広域概念図です。星雲は大きな殻(シェル)構造と3つの空洞構造(CS)からなり、明るいHII領域の中には対応する散開星団が存在し、最も明るい中心領域にはPismis 24と呼ばれる非常に若い散開星団があることがわかります。


NGC 6357のDSS red画像による広域概念図。
主な構造には印とラベルが付けられています。白い星マークは3つの既知の散開星団の位置を示しています。星雲までの距離を1.7 kpc と仮定してスケールを入れてあります。(Young open clusters in the Galactic star forming region NGC 6357. MASSI F., GIANNETTI A., DI CARLO E.et. al. 2015 A&A、Fig 1より)

Pismis 24散開星団  12′ x 8′

MASSI F.(2015 A&A)によると、3 つの大きな若い散開星団の中で最も大きく明るい Pismis 24 は、数千の恒星からなる非常に若い(1万年未満~3万年)散開星団であることがわかりました。また、Pismis 24は、いくつかの異なるサブクラスターに細分化することができるようです。そのうちの1つにはこの領域内の大質量星のほとんどすべてが含まれていることがわかりました。としています。

さそり座 尾部 Sh 2-11(NGC 6357) 付近 ファインディングチャート
Pentax PDA50-135mmf2.8(70mm f4.5), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/04/25, +0.0, 東御市・観測所 ↑N

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中