NGC 4651(銀河・かみのけ座)

NGC 4651(Galaxy・Coma Berenices)
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s (modification), ISO12800, 30s x 23=12m, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2020/02/24, 00h 19m, -2.0℃, Tomi City / Observatory, Viewing angle: 52 ′ x 35 ′ ↑ N


NGC 4651(ARP 189・銀河)光度:11.4 mag, 直径:4.0′ x 2.6′, 分類:SA(rs)c LINER,  z 0.002628,  Arp  189, LGG 289,  RA 12h43m42.63s DEC +16d23m36.2s (J2000.0)

NGC 4651は、ARPカタログではARP 189の細いフィラメントのある銀河に分類されています。この細いフィラメントは朝夕作用による恒星流で、小銀河(伴星雲)を吸収した時の恒星とガスの残痕です。その形は、傘のような形をしているために雨傘星雲の愛称があります。雨傘は他の銀河の同様な構造よりかなり明るく、わずか12分露出の上記画像でもその形を確認することができます。

Kinematics and simulations of the stellar stream in the halo of the Umbrella Galaxy. (FOSTER C., LUX H., ROMANOWSKY A.J.et. al. 2014 MNRAS) によれば、ストリーミングをN体シミュレーションでモデル化した結果、 周期が約3億5千万年で約40kpcの非常に偏心した軌道が示唆されました。これは、衛星が最近ディスクを通過したことを意味し、ホスト銀河に目に見える擾乱を引き起こした可能性がある。としています。雨傘の構造が明るく明瞭なのは、吸収された伴銀河が大きくストリームが形成されてから日がまだ浅いからかもしれません。

この銀河までの距離は混乱しています。3,500万年(APOD)、4,900万光年(NED)、8,500万光年(Tully-Fisher) 従っておとめ座銀河団には所属しているのでしょうが、グループ分類もはっきりしません。

参照:Rick Johnson さんArpカタログのページ  https://images.mantrapskies.com/catalog/ARP-GALAXIES/ARP189/index.htm
APOD http://apod.nasa.gov/apod/ap100415.html

かみのけ座、おとめ座、おとめ座銀河団中心付近  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(85mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/04/03, -3℃, 東御市・観測所 ↑N

NGC 4651は、かみのけ座、おとめ座境界近く、おとめ座銀河団中心に近い位置にあります。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中