NGC 5044, NGC 5054(銀河・おとめ座)


NGC 5044, NGC 5054
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 23=11分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/03/09,  01h 45m,  -3℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N

NGC 5044
光度 10.4 mag, 大きさ 3.0′ x 3.0′, 分類 E0 LINER,  z 0.009280, RA 13h 15m 23.97s  DEC -16d 23m 07.9s (J2000.0), NGC 5044 GROUP
視野角:約19′ x 13’ ↑N

NGC 5035
光度 12.8 mag, 大きさ 1.4′ x 1.1′, 分類 SAB(r)0+,  z 0.007275, RA 13h 14m 49.23s  DEC -16d 29m 33.69s (J2000.0), NGC 5044 GROUP

NGC 5046
光度 14.6 mag, 大きさ 0.8′ x 0.7′, 分類 E?,  z 0.007385, RA 13h 15m 45.125s  DEC -16d 19m 36.63s (J2000.0), NGC 5044 GROUP

NGC 5049
光度 12.9 mag, 大きさ 1.9′ x 0.6′, 分類 S0,  z 0.010084, RA 13h 15m 59.30s  DEC -16d 23m 49.8s (J2000.0), NGC 5044 GROUP

NGC 5044グループは、そのグループの中央部(NGC 5044付近)の広大な銀河間空間に1,000万度を超す高温なガスが充満していることがESAのハーシェル望遠鏡によるX線観測で明らかになりました。その領域はちょうど上記写真の視野を満たすほどの大きさでグループに所属する銀河を包み込んでいます。上記の銀河達は間違いなくNGC 5044グループに所属していると思われます。

NGC 5030
光度 13.9 mag, 大きさ 1.8′ x 1.3′, 分類 SB(r)0+?,  z 0.007996, RA 13h 13m 54.15s  DEC -16d 29m 27.4s (J2000.0), NGC 5044 GROUP
視野角:約12′ x 8’ ↑N

NGC 5031(視野外)
光度 12.8 mag, 大きさ 1.6′ x 0.4′, 分類 S0+: sp,  z 0.009470, RA 13h 14m 03.22s  DEC -16d 07m 23.2s (J2000.0), NGC 5044 GROUP
視野角:約12′ x 8’ ↑N

NGC 5037
光度 11.8 mag, 大きさ 2.2′ x 0.7′, 分類 SA(s)a:,  z 0.009893, RA 13h 14m 59.37s  DEC -16d 35m 25.1s (J2000.0), NGC 5044 GROUP
視野角:約12′ x 8’ ↑N

NGC 5047
光度 13.5 mag, 大きさ 2.8′ x 0.6′, 分類 S0,  z 0.006276, RA 13h 15m 48.52s  DEC -16d 31m 08.0s (J2000.0), NGC 5044 GROUP
視野角:約12′ x 8’ ↑N

グループの銀河は100個以上の銀河を含むとされ、赤方偏移の値からも周辺のこの辺までの銀河はグループに入るだろう、と思えます。

NGC 5054
光度 9.7 mag, 大きさ 5.1′ x 3.0′, 分類 SA(s)bc; BrClG,  z 0.005811, RA 13h 16m 59.49s  DEC -16d 38m 05.5s (J2000.0), NGC 5044 GROUP ?
視野角:約19′ x 13’ ↑N

NGC 5044グループは天の川銀河から約1億2900万光年離れた位置にあるとされます。この銀河も同じグループであるとすると、実態は巨大な渦状銀河ということになりますが、赤方偏移の値からも、かなり違和感があります。NGC 5054をNGC 5044グループに入れるのには?です。この銀河までの距離をおよそ8,000万光年、おとめ座II銀河団に所属する単独の銀河とする資料(http://www.atlasoftheuniverse.com/galgrps/virii.html)もあり、そちらの方がしっくりきます。

PGC 46261
光度 11.9 mag, 大きさ 2.3′ x 0.3′, 分類 Sc: sp  z 0.008793, RA 13h 17m 06.13s  DEC -16d 15m 07.9s (J2000.0), NGC 5044 GROUP ?
視野角:約12′ x 8’ ↑N

英語版のWikipediaでは、なぜかこれらの銀河や銀河グループに関してはその項目すら存在しません。ハッブル宇宙望遠鏡による米国での研究成果があるものには、少々過剰なくらい書き込まれているのですが? まあ、いろいろと編者にも事情と好みがあることなのでしょう。ESOやESA関連のページを探すとNGC 5044グループのX線での観測成果を見ることができます。

おとめ座、からす座、うみへび座、境界付近の銀河群  ファインディングチャート
Tamron SP 70-200mm(70mm f4), Pentax K5IIS(ノーマル), ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2019/03/09, -3℃, 東御市・観測所 ↑N

12等以上の銀河をマークしています。おとめ座南部、うみへび座、からす座との境界付近、おとめ座銀河団の拡張領域おとめ座II銀河団の銀河とその他(所属不明、住所不定)の銀河が混在しています。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中