M45(プレアデス・スバル・散開星団・散光星雲・おうし座)


M45 (散開星団), 光度:1.2 mag, 直径:1.7°, 分類:I 3 r n
Tamron SP90mm f2.5 (f4), Pentax K5IIs(ノーマル), フィルターなし
ISO3200, 90s x 7, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/11/10 3℃ 東御市・観測所


M45 (散開星団), 光度:1.2 mag, 直径:1.7°, 分類:I 3 r n
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Sony a7s(改造)
ISO12800, 30s x 26, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/11/10 3℃ 東御市・観測所

M45、プレアデス(ラテン語名)、スバル(和名)は、地球に最も近い散開星団です。今回はプレアデス周囲の星間雲がわかりやすいように撮影と処理をしました。広い画角で見るとプレアデスがたまたま星間雲の濃い空間を通過中だということがなんとなく実感できます。

広角写真に使用したレンズはTamron SP90mmf2.5, 52BB, 約30年前のレンズですがF4では視野の四隅までシャープで色収差も目立ちません、このシーリーズのレンズは価格も安く玉もたくさんありますから中国製の冴えないレンズを買うより絶対お薦めです。ただ、52BBは曇り玉なので注意して選びましょう。

プレアデスの一般的な解説はこちらをご参照ください

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中