NGC 864(銀河・くじら座)

NGC 864(銀河), 光度:11.4mag, 直径:4.7′ x 3.5′, 分類:SAB(rs)c, z 0.00521
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 22=11分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/12/08, -2℃, 東御市・観測所
視野角: 52′ x 35′  ↑N

NGC 864 視野角:約8′ x 5’ ↑N

弱い棒構造をもった銀河で、距離およそ6900万光年と推定されています。棒構造からは2本の発達した腕が出ていてその中で活発に新しい星の形成が行われています。

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中