NGC 3675(銀河・おおぐま座)


NGC 3675(銀河), 光度:10.2mag, 直径:5.9′ x 3.1′, 分類:SAab
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 24=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/01/21, -4℃, 東御市・観測所
視野角: 54′ x 36′  ↑N


NGC 3675 視野角:約20′ x 13’ ↑N

おおぐま座にあり距離約5000万光年、おおぐま座銀河団に所属する明るい渦状星雲で、きつく巻き付いた内側の腕はリング状に見え、外側の腕は羊毛状腕の特徴を示します。2つのリング構造があり、銀河の東側には目立つダストの帯構造が見えます。可視では棒構造は見えませんが赤外で観測すると顕著な棒構造があるとされています。

ライナータイプの活性銀河核を持ち、HSTの観測から中心部には1000〜3000万太陽質量の超大型ブラックホールの存在が予測されています。

超新星は1個、日本の池谷 薫さんがSN 1984Rを発見しています。

大型望遠鏡の長時間露出画像を見るとハロは大きく外部に広がっているように見えます、もしかしたら小銀河の合併ストリームが存在するかもしれません。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中