Sh 2-303(散光星雲・おおいぬ座)


Sh 2-303(散光星雲), 光度:–mag, 直径:90′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造)
ISO12800, 30s x 24, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/12/22 -1℃, 東御市・観測所
視野角: 80′ x 50′  ↑N


Sh 2-303(散光星雲), 光度:–mag, 直径:90′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/1/22  -1℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

Sh 2-303はおおいぬ座の中央部、犬の胴体にあたる部分にあります。この星雲の南Sh 2-308の中にあるウォルフライエ星WR 6(EZ CMa)によって電離発光しているとされています。(308は広角カメラの下方端にうっすら一部が見えます)

データ的にはもう少し明るいように思えますが、日本からは高度があまり高くならず条件がそろわないとくっきり捕らえるのは難しい対象のようです。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中