M106(NGC 4258), NGC 4217, 4226, 4231, 4232, 4248(銀河・りょうけん座)


視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)
NGC 4144(銀河・おおぐま座), 光度:11.6 mag, 直径:6.1′ x 1.5′, 分類:SBc
NGC 4258(M106・銀河), 光度:8.4 mag, 直径:18.6′ x 7.2′, 分類:SBbc
NGC 4220(銀河), 光度:11.4 mag, 直径:3.9′ x 1.5′, 分類:S0-a
NGC 4346(銀河), 光度:11.2 mag, 直径:3.2′ x 1.3′, 分類:SB0

タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、フィルター無し
ISO3200, 90s x 4, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/05/20 +15℃ 東御市・観測所


視野角: 54′ x 36′  ↑N
NGC 4258(M106・銀河), 光度:8.4 mag, 直径:18.6′ x 7.2′, 分類:SBbc
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, フィルター無し, Sony α7s(新改造)APS-Cクロップ
ISO12800, 30s x 12, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/05/20, +15℃, 東御市・観測所

セイファート銀河であるM106は、中心部に大型のブラックホールの存在が示唆されています。APODの写真を見ると中心部から大きなHαのフィラメントが広がる構造があるようです、Hαを強調するフィルターや単色光で撮像すればわかるかもしれません。
APODの写真はこちら https://apod.nasa.gov/apod/ap110319.html


NGC 4217 視野角:約11′ x 07’ ↑N
NGC 4217(銀河), 光度:11.2 mag, 直径:5.2′ x 1.5′, 分類:Sb
距離6000万光年の位置にある渦状銀河で、おそらくM106の伴星雲です。この銀河の暗黒帯の構造はHSTで詳しく調べられ塵のフィラメント構造などがみつかっています。https://www.spacetelescope.org/images/potw1503a/


NGC 4226 視野角:約11′ x 07’ ↑N
NGC 4226(銀河), 光度:13.5 mag, 直径:1′ x 30″, 分類:Sa/P


NGC 4231(上), 4232(下) 視野角:約11′ x 07’ ↑N
NGC 4231(銀河), 光度:13.6 mag, 直径:1.2′ x 1.1′, 分類:S0-a
NGC 4232(銀河), 光度:13.6 mag, 直径:1.3′ x 42″, 分類:Sa/P


NGC 4248 視野角:約11′ x 07’ ↑N
NGC 4248(銀河), 光度:12.5 mag, 直径:2.9′ x 1.2′, 分類:SBb

 

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中