NGC 1700, 1699(銀河・エリダヌス座)


視野角: 54′ x 36′  ↑N
NGC 1700(銀河), 光度:11.2mag, 直径:3.3′ x 2.1′, 分類:E4
NGC 1699(銀河), 光度:13.9mag, 直径:54″ x 30″, 分類:Sb
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)APS-Cクロップ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2016/12/02, 1℃, 東御市・観測所

NGC 1700はエリダヌス座にある楕円銀河です。E(楕円銀河)に分類されていますが、拡大された画像を見ると単純な楕円ではないことがわかります。これは、この銀河が約30億年前に2つの銀河が合体してできたためと考えられています。

さて、冬の星雲星団はこの辺で一区切りして次回からは春の星雲星団をめぐることとしましょう。


NGC 1700 視野角:約20′ x 13’ ↑N

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中