Sh 2-199(IC1848, 散光星雲・カシオペア座)

sh2-199-fsq-1701
視野角:4.24° x 2.81° ↑N
Sh 2-199(IC1848, 散光星雲), 光度:—mag, 直径:120′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、フィルター無し
ISO3200, 60s x 10, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2017/01/05 東御市・観測所

sh2-199-bkp-1701
視野角:84′ x 54’↑N
Sh 2-199(IC1848, 散光星雲)
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2017/01/05 東御市・観測所

英名:Soul nebula 直訳すると霊魂星雲、和名:胎児星雲、どちらにしてもこの星雲の姿形に誰しもそういうものを感じるということでしょうか。

 <以下 2018年4月20日 追記>

Sh 2-199, 198(IC 1848, IC 1871・散光星雲・カシオペア座)


Sh 2-199(IC 1848, 散光星雲), 光度:– mag, 直径:120′, 分類:E
Sh 2-198(散光星雲), 光度:– mag, 直径:9′, 分類:E
IC 1871(散光星雲), 光度:– mag, 直径:4′ x 3.5′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/11/16  -2℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


Sh 2-199(IC 1848, 散光星雲), 光度:– mag, 直径:120′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 24=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/11/16  -2℃, 東御市・観測所
視野角: 80′ x 50′  ↑N

Sh 2-199(IC 1848)は地球から約6000光年の距離にあり、IC 1805ハート星雲とともに天の川銀河のペルセウス腕にあります。星雲内にある電波源W5は、満月4つ分の空域に広がっている大規模な星形成領域であり中心にある生まれたての巨星からの放射と恒星風によって周囲のガスが押し出され大きな泡状(バブル)構造とその中の空洞が形成されているのがわかります。

これらの空洞の縁に押し出され濃縮されたガスの中で新たな恒星が形成され、さらにこれらの星によって新たなバブルが生まれることを繰り返しながら次々と新しい星が生まれて行きます。このメカニズムを裏付けるように、恒星の年齢は空洞の中心から遠ざかるにつれて若くなっていくことが観測確認されています。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中