Sh 2-190(NGC 896, IC1795, IC1805, 散光星雲・カシオペア座)

sh2-190-fsq-dsf-1701
視野角:4.24° x 2.81° ↑N
Sh 2-190(散光星雲) 150′
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、フィルター無し
ISO3200, 60s x 10, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2017/01/05 東御市・観測所

sh2-190-bkp-1701
視野角:84′ x 54’↑N
IC 1805(散光星雲) 6.5mag 1°  III 3 p n
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 12, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2017/01/05 東御市・観測所

sh2-190-bw

カシオペア座のその形からハート星雲と呼ばれる散光星雲です。画像は上が北なのでハートは横に寝た形になっています。中心部のIC1805付近を1500mmで拡大すると暗黒星雲が複雑に絡み合った様子が見えてきます。

 <以下 2018年4月13日 追記>

Sh 2-190(IC 1805, IC 1795, NGC 896・散光星雲・カシオペア座)


Sh 2-190(散光星雲), 光度:– mag, 直径:150′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 8=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/11/16  -2℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)


Sh 2-190(散光星雲), 光度:– mag, 直径:150′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 24=12分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/11/16  -2℃, 東御市・観測所
視野角: 80′ x 50′  ↑N

Sh 2-190は、その形からハート星雲という愛称がある散光星雲・HII領域で、IC 1805, IC 1795, NGC 896を含むおよそ2.5°の広がりを持つ大きな星雲です。この星雲は天の川銀河のペルセウスアームの腕の中にあり、中心にあるMelotte 15と呼ばれる生まれたての散開星団からの放射により発光しています。

 

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中