NGC 4736(M94・銀河・りょうけん座)

NGC4736(M94)-1605APSC
NGC4736(銀河)8.2mag 12.3′ x 10.8’  Sb Ring
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3,  Sony α7s(新改造)APSCクロップ
ISO12800, 30s x 12, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/05/12 東御市・観測所

NGC4736(M94)は二重のリング構造を持った銀河です。内部のリングでは星形成が爆発的に行われていてスターバーストリングと呼ばれます。最近の観測では外部の淡いリングは複雑ならせん状の腕になっており、そのごく一部が可視光で見えているだけです。M94は周囲に強い重力作用をおよぼすような銀河は見当たらず独立した銀河のように見えます。この銀河の少々変わった外観は過去に起こったであろう激しい星形成が関連しているものと思われます。

NGC4736(M94)-1605center
*クリック拡大

 

<以下過去の投稿>

NGC4736(M94・りょうけん座・銀河・α7s)

M94-20150118
NGC4736銀河(M94 りょうけん座)8.9m 5.0′ x 3.5′ SBp
Sony α7s  ISO32000 10秒 x 20枚加算平均 BKP300 1500mm f5 160JP  2015/01/18

M94-center1501

 

 

NGC4736(M94)

M94-140407
NGC4736(M94) 2014/04/07 LX200-20 f6.3 Pentax K5IIs ISO6400 2m x 7

M94-140407-2
星雲中心部だけ拡大

りょうけん座の系外銀河、撮影中のモニターでも星雲を取り巻く天使のわっか?がうっすらと見えて、Pentax K5IIsのへなちょこ画像処理のせいだと思っていた。後日調べたら銀河を取り巻くハロで実在するんだとのこと、知らなかった。Pentaxさん 疑ってすいませんでした。天使のわっかまで含めるとこの星雲相当でかい、中心部を拡大するとグルグル渦巻きも見えてなかなか楽しい銀河。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中