NGC2182(散光星雲・いっかくじゅう座)

NGC2182-1602full
NGC2182(散光星雲)3′ x 2′
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3, HEUIB-II,  Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 10, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/02/08 東御市・観測所

NGC2182は画面中央の青い星雲です。その他に見える星雲は中央左上NGC2185/NGC2183、画面右端がNGC2170でその他の星雲にはNGCナンバーはついていません。青、赤の星雲が入り乱れる領域ですがとても淡いので私の腕では難しい。

以下 2018年12月23日 追記

NGC 2182, 2183, 2185, 2170(反射星雲・散光星雲・いっかくじゅう座)


NGC 2182付近, 光度:– mag, 直径:3′ x 3′, 分類:R
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3, HEUIB-II, Sony α7s(新改造), ISO12800, 30s x 44=22分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/11/15  +0℃, 東御市・観測所
視野角: 77′ x 51′  ↑N


NGC 2182付近, 光度:– mag, 直径:3′ x 3′, 分類:R
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II, ISO3200, 90s x 16=24分, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2018/11/15  +0℃, 東御市・観測所
視野角:4.2° x 2.8° ↑N(広角カメラ)

NGC2182は画面中央の青い反射星雲です。青い反射星雲と赤い電離発光星雲が入り交じり微妙に色の異なる星雲が見ることのできる領域です。

広角カメラの北に円形の赤く明るい星雲がありますが、無名のようです。色から判断すると反射星雲とHII領域が混在している領域でしょう。

同じく右上(北西)の淡いHII領域はバーナードループの一部と思われます。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中