NGC1499(Sh 2-220・カリフォルニア星雲・散光星雲・ペルセウス座)

NGC1499-1601full
NGC1499(散光星雲)5.0mag 2.7° x 40′
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3, HEUIB-II,  Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 10, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/01/09 長野県東御市

大きすぎて収まりきりません。しかし全体像を見たとしてもカリフォルニア半島には見えませんよね〜。次期シーズンには全体像もわかるような機材で撮影してみたいです。

2016/10/27 追記:
カリフォルニア半島の形には見えないなあ、と思っていたらこれはカリフォルニア州の形にちなんで名付けられたのだそうです。10/6全景が入るように500mmで撮影しました。

ngc1499-1610rb500full
NGC1499(散光星雲)5.0mag 2.7° x 40′
Rubinar 500mm f5.6, フィルター無し,  Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 10, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII,  2016/10/06 長野県東御市

<以下、2017年3月15日追記>

NGC 1499(カリフォルニア星雲・散光星雲・ペルセウス座)


視野角:4.2° x 2.8° ↑N
NGC 1499 (散光星雲), 光度:5.0 mag, 直径:2.7° x 40′, 分類:E
タカハシFSQ85ED(320mm f3.8), Pentax K-70(改造)、HEUIB-II
ISO3200, 90s x 7, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/26 -4℃ 東御市・観測所

NGC 1499はカリフォルニア州の形に似ていることからカリフォルニア星雲と呼ばれています。我々の銀河のオリオンアームと呼ばれる銀河の腕の中にあり、比較的太陽系からも近い位置にあります。星雲のすぐ南に見えるO型の輝星 Xi Perによって電離発光している電離星雲です。


視野角:80′ x 50’↑N
NGC 1499 (散光星雲), 光度:5.0 mag, 直径:2.7° x 40′, 分類:E
BKP300(1500mm f5), MPCC-MK3,  HEUIB-II, Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 16, TS-NJP, TemmaPC, α-SGRIII, 2017/01/26 -4℃ 東御市・観測所

機材の話を少しだけ、広角カメラに使っているタカハシFSQ85EDは文句なくシャープな星像を結んでくれますが像面歪曲が少し残っているのでピント合わせは注意が必要です。画面中心でピントを合わせると視野周辺の星像が悪化します、APS-Cの場合は中心から1/2ぐらいの位置でピント合わせをすると周辺まで良好な星像になります。また、温度変化にも敏感です、5度程度の変化でピントの位置は微妙に変わります。こまめに調整が必要ですがきちんと調整してやるとすばらしくシャープな星像を結んでくれる望遠鏡です。

 

 

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中