IC405(散光星雲・ぎょしゃ座)

IC405-1601
IC405(散光星雲)30′ x 45′
BKP300 1500mm f5, MPCC-MK3, HEUIB-II,  Sony α7s(新改造)フルサイズ
ISO12800, 30s x 10, TS-160JP, TemmaPC, α-SGRIII  2016/01/10

ぎょしゃ座の中央部IC410のお隣にあるIC405です。淡い部分を含めてその形から勾玉星雲と呼ばれています。明るい部分はアップにすると複雑な形が浮かび上がり、星雲中央のぎゃしゃ座AE(変光星)が星雲を照らし出しているように見えます。

2016/02/22追記
前日1月8日にフィルターなしで撮影していたものも現像してみました。こちらの方が星雲のグラデーションがよくでています。撮影条件と画像処理手順はほぼ同じ、これは Adobe Lightroom 6.0で現像してます。原因は現像ソフトかフィルターか?(2/25追記、現像ソフトのノイズ処理機能の違いが原因でした。ソフトウエアも進化してるんですね。)
IC405-1601-2full

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中