流星カメラ2号を簡易防水化する

DSCF4020

自宅の流星カメラ2号を改修。カメラを簡易防水?ケースに封入、SA100スペクトル用回折格子を簡単に取付取り外しができるようにフィルター枠を先端に埋め込む。密封容器にフィルターをはめ込んだ同様の仕様のものが観測所の屋根の上から2年近く風雪に耐えてデータを送って来てくれている。ビデオカメラの熱がフィルターを温めるので露もつかず、軽くコンパクトにまとまるので便利。オートアイリスの絞りは電源OFFの時はクローズするので、タイマーで電源を制御しておけば太陽光でCCDが焼けることもない。夏の熱対策で外部をアルミ箔で覆うと完璧かな?これはベランダのひさしの下に設置するからこのまま使う。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中